花情報

  • シラネアオイ
    シラネアオイ
    5月下旬から6月上旬に八間山登山口付近で見られます。淡紫色に見えるのは花ではなくがく片です。
  • ナエバキスミレ
    ナエバキスミレ
    5月下旬に長さ3~7cmの花柄の先にかわいい花をつけます。
    場所は、八間山付近。
  • イワカガミ
    イワカガミ
    光沢のある葉が特徴で、6月にピンク色の花をつけます。
    場所は、富士見峠付近。
  • ムラサキヤシオツツジ
    ムラサキヤシオツツジ
    6月上旬から中旬に池の峠や弁天山で多く見られます。
    和名は「紫の染料で8回染めた」という意味です。
  • アズマシャクナゲ
    アズマシャクナゲ
    5月~6月頃、枝の先に淡紅色の花をつけます。
    東国のシャクナゲの意味。
    場所は、展望台案内所付近。
  • レンゲツツジ
    レンゲツツジ
    ツツジの仲間で、花が大きく花も枝も輪生します。
    6月下旬に湖畔周辺で群生が見られます。
  • ゴゼンタチバナ
    ゴゼンタチバナ
    初夏の頃、白い花をつけます。
    「ゴゼン」は石川県白山の最高峰の名で、「タチバナ」は果実の形をそれになぞらえました。
    場所は、地蔵峠から堂岩山にかけて。
  • ノアザミ
    ノアザミ
    初夏に、枝の頂に紅紫色の管状花ばかりからなる花が直立します。色の変化が多いです。
    場所は、野反湖周辺どこでも見られます。
  • ノゾリキスゲ
    ノゾリキスゲ
    ゼンテイカ、高山から山地に生え大群生をつくり、7月中旬より楽しめます。
    野反湖ではノゾリキスゲで親しまれています。
  • コマクサ
    コマクサ
    7月に富士見峠付近で見られます。環境の厳しい砂礫地にだけ群落を作ります。可憐な姿から「高山植物の女王」とも呼ばれています。
  • コバイケイソウ
    コバイケイソウ
    7月頃、茎の先に円錐状に白い小花をつけ、沢山の白い花を開きます。根茎は有毒です。
    場所は、「第2キャンプ場」の南側。
  • ハクサンシャクナゲ
    ハクサンシャクナゲ
    7月頃、内側に淡緑色の斑点のある、白い花を開きます。
    場所は、堂岩山から白砂山にかけて。
  • コオニユリ
    コオニユリ
    7月~8月頃、八間山付近で見られます。
    オレンジ色の花をつけて、強く下を向いています。
  • ハクサンシャジン
    ハクサンシャジン
    ツリガネニンジンの高山型で、7月~8月頃、釣鐘型をした淡青紫色の花をつけます。
    場所は、カモシカ平方面。
  • ヤナギラン
    ヤナギラン
    8月、多数の柄のない紅紫色の美しい花を開き、下から上へ咲き上がります。
    場所は「第2キャンプ場」の南側。
  • エゾリンドウ
    エゾリンドウ
    9月頃、青紫色の花が葉の付け根に何段もつきます。
    このほかミヤマリンドウやオヤマリンドウも見られます。
    場所は、弁天山・恵比山・高沢山方面。
  • ノビネチドリ
    ノビネチドリ
    6月頃に湿地に生える大型のランで、千鳥に似た花は、円錐形穂状で紅紫から白色まであります。
  • マツムシソウ
    マツムシソウ
    涼風の立ちはじめた草原に淡い紫色の花を咲かせます。
    場所は、富士見峠付近。